1. 結婚式席次表TOP
  2. 結婚式準備のプチお役立ち情報
  3. 肩書について

全部わかる?結婚式席次表の親族の肩書きについて

結婚式の席次表は、新郎新婦を基準にしてすべてのゲストに肩書きが書かれます。間違えてしまうと大変失礼にあたりますので、準備のときには注意が必要です。仕事仲間や上司については会社での役職を当てはめればいいので簡単ですが、親戚の肩書きについてはどうすればいいのかと、戸惑ってしまう人が多いのではないでしょうか。今回はそんな悩める新郎新婦のために、親族の席次表を作るときのポイントや間違いやすい肩書きについてまとめてみました。


まずは誰を呼ぶのか考えてみる


肩書きについて考える前に、まずは結婚式に呼ぶ人は誰なのか、情報を整理しましょう。家族を中心に、祖父母、おじおば、いとこ、甥っ子・姪っ子、とリストアップしていき、漏れがないように確認します。親戚が多い場合には呼ぶ人と呼ばない人を取捨選択しなければなりませんし、普段付き合いがない人は呼ぶべきかどうか迷うこともあるでしょう。基本的に、兄弟姉妹とその家族(配偶者、子ども)は結婚式に招待するのが一般的です。おじとおばについても夫婦で招待することが多いですが、いとこについては招待するかどうかは人それぞれです。祖父母は体調を考慮しながら、無理のない範囲で来てもらえるように手配します。もし会場のキャパシティや、両家のバランスを考えて招待しない・できない人がいるときは、事前に両親とよく相談して決めます。仮に普段付き合いがなくても、親戚は結婚式のあとも冠婚葬祭で顔を合わせる機会が非常に多い相手です。円満な関係を保つためにも、結婚式以外の食事会などで顔合わせをしておくことをおすすめします。

漢字ひとつで意味が変わる?!要注意な肩書き


結婚式に招待する人が決まったら、いよいよ席次表作りです。ひとりひとりの肩書きを確認し、間違いのないように書いていきます。特に「叔父」と「伯父」など、読み方は同じでも漢字によって意味が違う言葉などは注意が必要です。特に間違えやすい肩書きをいくつか挙げておきます。
・兄弟姉妹の配偶者
兄・姉の配偶者は「義姉・義兄」、弟・妹の配偶者は「義妹・義弟」です。これは配偶者の年齢は関係なく、新郎新婦と兄弟姉妹の関係に合わせて表記します。
・おじ、おば(伯父/伯母、叔父/叔母)
両親の兄弟を指します。両親の兄・姉に当たる人は「伯父・叔母」、弟・妹の場合は「叔父・叔母」を使います。
・いとこ(従兄弟、従姉妹)
いとこの場合は「従兄」「従弟」「従姉」「従妹」の4種類があり、性別と年齢によって使うべき漢字が変わります。それぞれ詳しく見ていきましょう。
従兄:自分より年上の男性
従弟:自分より年下の男性
従姉:自分より年上の女性
従妹:自分より年下の女性
もし、いとこが自分と同い年の場合には、誕生日で年上か年下かを判断します。席次表に書くときは、この肩書きの前に新郎新婦どちらの招待客なのかを明記します。たとえば「新郎叔父」「新婦義兄」といった具合です。これは他の招待客についても同じで、肩書きの前には必ず新郎新婦いずれかを書きます。

親戚の勤務先は書かないのが一般的


会社関係の人を呼ぶときには肩書きだけでなく会社名を入れることがあります。たとえば職場の社長を招待したとき、席次表には「○○株式会社代表取締役○○様」と書きます。会社名を書くときには(株)などと略さず、正式名称で書くのがマナーです。上司や重役は会社名を表記するのが一般的ですが、それに対し先輩や同僚については特に会社名は書かないことが多いです。親族の場合は、社長や役職者など社会的地位が高い人であっても会社名は書かないのが一般的です。しかしその親戚の会社で働いているなど、本人との関係性に応じて書くこともありますので、ケースバイケースで対応しましょう。

親しき仲にも礼儀あり!親戚にも敬称は必要


新郎新婦の家族はゲストをおもてなしする側であり、基本的に家族には「様」はつけません。ただし、兄弟姉妹で結婚して親の戸籍から抜けている人については敬称をつけます。もちろん義兄弟・姉妹についても戸籍を異にしているため敬称が必要です。そして家族以外のゲストは親族を含め全員に「様」をつけなければなりません。年齢の近いいとこなど、普段は礼儀など意識しない間柄でも必要ですので、席次表を作るときには注意しましょう。ちなみにお子様については、小学生くらいまでは「様」ではなく「くん・ちゃん」をつけます。それは新郎新婦との関係性に関わらず、すべてのお子様に共通です。兄弟姉妹の子どもでも、友人の子どもでも、年齢に応じて敬称を使い分けます。

事前準備が成功の鍵かも?


席次表は招待状の返信を受け、招待客が決定してから製作が始まります。大体結婚式の2ヶ月ほど前から取り掛かることが多いですが、そこで慌てないためにも事前にゲストの肩書きは確認しておきましょう。また手作りするのか、それともオーダーするのか、どういうテイストにするのか、といったことも決めておけば、スムーズに準備を進められるのではないでしょうか。結婚式の準備は席次表以外にもやるべきことがいろいろとあり、何かとドタバタするものです。時間がない中、焦って作ろうとすると思わぬミスを招いてしまうこともあります。肩書きや敬称を間違えてしまっては大変失礼に当たりますので、事前にできることは進めておきましょう。